【ヨールキ・パールキ】地獄に堕ちても逝きたがり!!第3話 無料ネタバレ

無料ネタバレ

看守長とのエッチ刺激的だったわ
大きくてたくましいの私大好き

ほかの看守の皆さんのも
まさか一緒にできちゃうなんて…

私こんなにおちんポに囲まれるなんて
なんて幸せなのかしら

この日はもうとめどなくエッチしたような…

↓↓↓地獄に堕ちても逝きたがり!!の最短はこちら↓↓↓


【ヨールキ・パールキ】地獄に堕ちても逝きたがり!!第3話 みんなにマワされて逝っちゃいました 無料ネタバレ

私夢を見てたのよねエッチしている
なんかとっても懐かしい感じがしたの
あっ相沢君だ…

私相沢君とベッドにいるんだわ
相沢君のおちんちんのカリが当たるのがたまらなく好きだったわ

そう思っておちんちんに指を回したら
あれっ?指が回らない…
こんなに大きかったっけ?


そう思って目が覚めたのよ
そしたら知らない鬼さんの顔が目の前に現れて

私寝ぼけているのかなー
なんでここに鬼さんがいるのって聞いたの
そしたら牢屋のカギを見せたわ

私は相沢君とのエッチもがしたかったのに…
でもその鬼さんの大きなちんポを
オッパイで挟んだらモウドキドキ

鬼さんが私の乳首をコリコリしてくれて
もう私一気に行きそうな気分に…
すぐに私欲しくてたまらなくなったわ


鬼さんもそんな私の腰遣いを知って
大きいのを入れてくれたんだけど
いきなり違う穴の方に入れてきたのよ

「そっちじゃなーい」
「でもきもちいいいーー」
「ほらほらもっと濡らせよ」

あんまり刺激するからおしっこ出ちゃった
そしたら今度はもう一つの穴にちゃんと入れてくれたわ
私もう何回いったかしら…


意識がもうろうとしてきたときに
周りにいくつも大きなちんポが出てきたの

「看守長俺たちも…」

私は本のおちんポを握ってしごいたり
口でしてあげたり

もう私体中で大きなおちんポ感じまくりよ
こんな気持ちいいのはじめて…


【ヨールキ・パールキ】地獄に堕ちても逝きたがり!!第3話 みんなにマワされて逝っちゃいました 感想

鬼に回される千紘さん
とっても気持ちよさそうでした

肉食女子としてはこんなに大きなちんポに囲まれて
やりまくれるなんて夢のよう!?

夢の中で相沢君とエッチしているんだから
エッチしたくてしょうがないんですね


相沢君は千紘をよく開発していたんですね
千紘自身相沢君がセフレだけど
忘れられないわけで

看守長にあんな大きいのをアナルに入れられて
スグニイッちゃうんだから
アナルもだいぶイケてるんでしょう

看守の皆さんと代わる代わるできて
イキまくった夜でしたね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました